女の子らしい可愛い服を着るためのポイント

最近、男性と女性の服の境目があいまいになってきています。

選ぶ幅が広くなったといえばよいのですが、極端に男性らしい服や女性らしい服は敬遠されてしまいがちです。

しかし、女の子ならやはり女の子らしい服にあこがれを抱くものです。

そういった可愛い服は年齢を重ねると着辛くなってしまいますから、若いうちに積極的にたくさん着ておくとよいでしょう。

色についてはピンクが女の子らしい色として思い浮かべやすいですが、最近は男性にも人気の色でもあります。

色にこだわらず、自分の好きなものを着るとよいでしょう。

どちらかというと、淡い色のほうがかわいらしく感じやすくなります。

女の子らしいといわれるパステルカラーなどはその筆頭といえるでしょう。

女の子らしい可愛い服に見せるポイントは、デザインにあります。

同じ色でもシンプルなものであれば男性でも着ることができる服になってしまい、女性らしさが半減してしまいます。

シンプルなものは着まわしやすいですが、かわいさという面からみると使いにくいものです。

かわいらしさを出したいなら、リボンやレースといった装飾がプラスされているものを選ぶとよいでしょう。

あまり多すぎると合わせにくくなりますが、すそや襟などポイントとして使っている程度なら、適度に女の子らしさを加えることができる服となります。

手持ちのものに女の子らしい可愛い服がない場合、リメイクして女の子らしさをプラスしていく方法があります。

幅広のレースをすそにつけていくと、それだけでちょっと女の子らしさをプラスした印象になります。

ひもで結ぶタイプの服のひもをリボンに変える、襟にレースやリボンをプラスする、といったちょっとした工夫でも可愛い服に変わります。

もっと手軽に女の子らしさをプラスするなら、ブローチなどのアクセサリーを使うという手もあります。

このように、今ある服をおススメカワイイ服に変えて使うという手もあります。

楽しみながら女の子らしさをアピールしていきましょう。