改めて振り返ってみるネクタイのイロイロ

メンズファッションと一言に言っても、シーンに合わせて色々なケースがあります。

オフの時のお出掛けなのか、仕事のスーツなのか。

時にはオフと仕事の中間のような時もあります。

最近、こうした様々なシーンにおいて、共通で見られるアイテムがあります。

ネクタイです。

仕事では兎も角、私服で?と思われた方もいられるでしょうが、よくよく服屋を見てみると、シャツとセットでネクタイが売られている商品があります。

しかも、カジュアルとして、です。

カジュアル服でジャケットを多用する方は単純にスーツ感覚で合わせられますし、キレイ目の色合いのパーカーと合わせてユルイ感じにまとめてみるのも面白いですね。

カジュアルのネクタイはニット製の、先が尖ってないタイプが殆どです。

中には先が尖って光沢があるネクタイをカジュアルとして売っていることもありますが、合わせ方が難しいので個人的にはあまりお勧めしません。

バシッとキマるとカッコいいんですけどね。

ネクタイの色について考えますが、これはカジュアルとフォーマルでは結構違うところがあります。

フォーマルは全体の色のバランスをとって、突飛になり過ぎないのがベターですが、それですと地味になり過ぎる恐れがあります。

そこで、シャツなどに使われている注し色を意識する方法があります。

これを使うと、突飛なようで、自然と馴染むような、独特な印象になるでしょう。

一方、カジュアルで使用の場合、最も大切なのは色のバランスです。

というか、殆どそれだけです。

メインの色さえ浮いていなければ、柄は自由です。

さて、ここまではオフと仕事で分けて考えましたが、最初に触れたように中間のような時もあります。

いわゆるパーティの時がそうです。

スーツであれば間違いはないのですが、ビジネスとも違う場なので、華やかさを出すためにほんの少し工夫が必要になります。

それは締め方です。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、ネクタイの締め方はかなり種類があり、その見栄えも多種多様です。

首元だけの違いですが、グッとお洒落に見えること請け合いです。

ご興味がある方は検索してみる事をおすすめします。

図解や動画もありますので、安心して真似ができます。

ネクタイというワンアイテムですが、体の中心にくるものです。

そうして考えると、いつものネクタイが少し違って見えるのではないでしょうか。私服はおしゃれな大人のメンズファッションを参考にしてみるといいと思います。